<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

或る犬の物語

                              ジム・ウィリス氏の短い物語。

ぇめさんのブログからコピペさせていただきました。
わんこと暮らす全ての方に、これから一緒に暮らそうと思っている方に。


私が仔犬だった時、
おどけた仕草であなたを楽しませて、
あなたを笑わせましたね。
あなたは私を「僕の子供」と呼びました。

また、多くの噛まれた靴や、
2・3の完全に壊されてしまったクッションにも関わらず、
私はあなたの最良の友になりました。

私が悪い子だった時は
いつも私に指を立てて尋ねました。
「どうしてそんな事するの?」
でもその後、あなたは優しくなり
私を転がしてお腹を擦ってくれましたね。

私の破壊するクセは、
あなたが想像するより長いこと直りませんでした。
なぜならあなたがすごく忙しかったから。
でも私達は協力して学びましたよね。


私は夜あなたの側に寝て、
あなたの確信と秘密の夢を
聞くことを覚えています。そのとき、
「私の人生は
これ以上完璧になり得ないほど幸せだ」
と信じました。


私たちは長い散歩に出掛けて
公園を走り、車に乗り、
アイスクリームは体に悪いと言って
コーンだけくれましたね。

また、私はあなたが帰宅するのをずっと待ち、
そして太陽の中で長い眠りにつきました。


徐々にあなたは、
キャリアと人間の仲間を探すために、
より多くの時間を費やす事が多くなりましたね。

私はあなたを根気よく待ち、
失恋や期待外れの時はあなたを慰めて、
あなたの帰宅を歓喜して跳ね回り喜びました。


あなたが恋に落ちた時。
彼女(今のあなたの妻)は
「イヌ好き」な人ではなかったけれど、
私たちの家に彼女を迎え入れて、
彼女に愛情を示そうとし、彼女に従いました。
あなたが幸福だったので、私は幸福でした。


その後、人間の赤ちゃんが生まれました。
私はあなたの興奮を共有しました。
私は赤ちゃんのピンク色にとても感激しました。
匂いをかぎ、ママの真似事を私もしたかった。
でもあなたと彼女は、
私が赤ちゃんを
傷つけるかもしれないと心配しました。

そして私は殆どの時間を
他の部屋のケージの中に
閉じこめられて過ごしました。

それでもなお、
私はどんなに赤ちゃんを
愛したいと思ったことか!!
まるで愛の奴隷でした。


赤ちゃんの成長とともに
私は彼らの友達になりました。
子供たちは私の毛皮を引っ張り、
私の不安定な背の上にのっかり、
私の目を突き、私の耳を調査し、
私の鼻の上にキスしてくれましたね。
私はそのすべてを愛していました。
そして子供たちが触る事も好きでした。
だってあなたは、
もうあまり触ってくれなかったから・・・

もし必要だとしたら私は命を捨ててで
も子供たちを防御していたでしょう。

私は彼らのベットにこっそり入り
秘密の夢を聞きました。
また、一緒にあなたの自動車の音を待ちました。
こんな時間を費やした事がありましたね。


他の人が、あなたに犬を飼ってるか尋ねると、
あなたは財布から私の写真を取り出し
彼らに私の話をしてくれましたね。
でもこの数年、あなたは「飼ってるよ」と
一言残して主題を変更するようになりましたね。
私は「あなたの犬」から、
「単なる犬」になりました。


今、あなたは別の都市に
新たなキャリアのチャンスを得て、
あなたと家族はペットの許可のない
マンションに移動するのですね。
あなたは「家族」のために適切な判断をしましたが、
私があなたのただ1人の家族だった時もありました。


保健所に着くまで、
私は自動車旅行に興奮しました。
でもそれは、
絶望した恐れた犬や猫の匂いとわかりました。



あなたは書類事務を済ませて担当に、
「あなたが彼女に良い家を探してやってよ」
と言いました。

あなたは私の首輪から、
息子の手を引き離さなければなりませんでした。
「やだよ父さん!僕の犬を渡さないで!」

わたしは子供たちの事を心配しました。
あなたは自分の息子達に、
友情と忠実・愛情と責任・生命に対する尊厳に関して
「こんなものだ」と教えたのです。

あなたは私にさよならと頭をさすって、
私の首輪を取り去りました。
あなたは守らなければならない期限がありましたが、
今度は私が期限を待つ番になりました。


あなたが去った後、担当の彼女は
「数ヶ月前からこうしなければ
ならない事をわかっていたのに
里親も探さなかったのね」 と言いました。
そして彼女は首を振り言いました。
「どうしてこんな事を・・・」
彼女達は、スケジュールが許す限り
親切にしてくれました。
もちろんご飯もくれますが、
私はもうずっと前に食欲を無くしていました。

最初の頃は、誰かが入ってくる度に
もしかしたらあなたが気持ちを変えて
迎えに来てくれたのかと、正面に急ぎました。
でも、私に気を止めず、
子犬たちと戯れたりする人達に
かなうかなうわけがないと悟った時、
遠い角の隅に退き、待ちました。


私のところに来る、彼女の足音を聞きました。
そして先の部屋へ彼女の後について通路を歩きました。

このうえなく、幸福な静かな部屋。
彼女はテーブルに私をおき、耳を触りました。
そして心配しないように言いました。
私の心臓は、来るべき事を予期して連打しました。
でも、楽になっていく気持ちもありました。
もう愛の囚人としての日々は
とっくに使い果たしていました。

それが私の生まれつきの性格であるように、
私は彼女についても関心を持っていました。
彼女の全ての表情から、雰囲気を読み取れました。
涙が彼女の頬を流れ落ちると共に、
私の前足の周りで優しく止血器を置きました。

私はかつて、何年も前にあなたを慰めたのと
同じ方法で彼女の手を舐めました。
彼女は私の静脈に注射針を滑り込ませました。

私は彼女の優しい目を見ながら、
体に冷たい液体を感じながら眠りにつきます。
「どうしてこんなことを?」
きっと彼女は私の言葉を理解して
「ごめんなさいね」と言いました。
彼女は私を抱きしめて
「よりよい場所へ、無視や虐待のない場所へ、
愛と光へ満ちた場所へ行くのよ」
と急いで説明しました。

私は最後に残った力でシッポを振り、
「どうしてこんなことを?」の言葉は
彼女に向けたものではない、
と伝えたかったのですが伝えられませんでした。
それはあなたに向けたものでした。
わたしの最愛の主人を思い浮かべていました。


それでも私はあなたを想い、
あなたを永久に待つでしょう。
誰があなたの人生で、あなたにこれほど
多くの愛と忠誠を示すのでしょう...


それでも私はあなたを想い、
あなたを永久に待つでしょう



ブログ巡りをしている内、ぇめさんの所に辿りつきました。
この物語を読んでいるうちに、
これは私一人が読んでいてはイケナイ!と
早速ぇめさんにお断りをして載せました。
一人でも多くの人の心に届きますように。

尚この物語は本になっています。
より詳しく知りたい方はこちらまで。→
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-30 08:14 |

土鍋

そろそろ鍋の恋しい季節ですね。
と言う事で・・・昨年作った土鍋です。
f0000925_113049.jpg
プックリ可愛い形でしょ。私もお気に入りなんですが、
実は失敗しちゃいまして、蓋に空気穴を開けるの忘れているの。
違う角度から見ると・・・
f0000925_11331375.jpg
って余り変わりないですね。
こちらは洋風土鍋。
f0000925_11345048.jpg
こちらはちゃんと穴が開いています。
浅底なので炒飯なんかも出来ます。勿論パエリアも!

これから鍋のシーズンになると、時々登場しますから、
その時は熱く見守ってやって下さいね。
で、早速昨夜は味噌鍋を。
f0000925_113920100.jpg
濃い目のダシの効いたお味噌汁に冷蔵庫にある物を入れただけ。
温まるし、(もう治ったけど)風邪のひきはじめにはピッタリのメニューです。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-29 11:30 | 作品(陶芸)

乾燥バジル

先日旅行の為息子から預かったバジル。
f0000925_13555671.jpg
伸びすぎるとマズイので摘心したのを天日に干しておいた。
f0000925_13572765.jpg
↑を乾燥したらたったこれっぽっち!念のため容器は一緒。

一昨日息子から「大葉を保存する方法見つかったよ!」
日曜日来た時、庭の大葉をこのまま枯らすのは勿体ないと
話していたものだから・・・。
調子が戻ったので、今日はシソの実と葉っぱを採って漬ける予定。
f0000925_144490.jpg
これでも庭に生えてる1/3の量。
お昼前、娘達がやって来て中断。
昼食はまだと言うので『アンチョビとキャベツのパスタ』(画像なし)

こう言う作業って勢いでやってしまわないと・・・。
ヤル気失せてしまって残り(大葉の塩漬け)は後日。

f0000925_1430875.jpgf0000925_14263197.jpg









まだこんなに残っているんですけどぉ~。

今朝出会ったヒガンバナ
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-28 13:51 | 花・ガーデニング

陶芸教室(21)

先週4種類の土で作った器の素焼きが出来ていました。
f0000925_13595189.jpg
土の色と素焼きした色、鮮明に違いますね。
今日はこの4種類の土を生かす釉薬をかけるのですが、
先生が「水色か黄色は?」
どうも冒険の出来ない私、無難に石灰トウメイを。
出来上がりは来週。
少し・・・いえ、かなり自信がないので期待しないで下さい。
手前の丸い容器はガーリックポット。
これは焼きしめにするので釉薬はなし。

今日は相棒のSさんがお休み。一人だから静かに作業をするだろうと
自分でも期待して行ったのですが・・・無理でした。
以前ピンクのポットを作られたJさんと、今月初めご一緒させて頂いたanちゃん

このお二人と一緒だったので楽しい時間が持てました。

Jさんとanちゃんも釉薬がけ。
↓はJさんの手と作品です。(笑)
f0000925_1433428.jpg
右奥に見えるのはanちゃんとanちゃんの作品。

ところで、先日作った木の葉の器。
他の生徒さんが居酒屋で、あれとソックリのを見たんですって。
それで
「それを見て作ったのかしらん?」と仰っていたそう・・・。
心外ですね!
だから、ハッキリ先生に申しておきました。
「お酒は家でしか飲まないのよ。居酒屋さんへは行った事ないの」
まあ、アーダコーダ言わなくっても、あの時傍にいた皆さんが
一番知っているから・・・。

気分直しに寄り道して撮ってきたお花を!
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-27 13:42 | 作品(陶芸)

刻印

陶芸で作品が出来ると裏に目印になる印や文字を書きます。
作品を間違えない為に、と重さで焼成代を決めるのに
先生が裏を見て誰の作品か分かる為でもあるのですが、
中には名が出て来る場合・・・は絶対ないでしょうね。
f0000925_12312820.jpg
昨年娘が出産し、暫く母子を預かる事になったので、
一部屋リフォームしました。
築20数年の部屋は全く違った部屋に変身したのですがこの騒動で
自分で彫った陶芸用のハンコが紛失してしまったのです。
仕方がないから・・・と教室に用意してあるハンコを使っていたのですが
f0000925_1239062.jpg
やはりね、自分のを使いたいし、このハンコ可愛いから人気あるんです。
ところがです。
f0000925_12421674.jpg
出て来たのです。それも思いがけない所からヒョンと!
f0000925_12445296.jpg
真ん中の印鑑が手作りのハンコです。
通販で『篆刻セット』なるものを買って彫刻刃で彫ったのですよ。
アッ!頭の部分は最初からありました。
上の黒っぽいのは、私の名前のハンコって滅多に無いから
見つけた時は嬉しくって、思わず買っちゃいました。
下の細いのは備前焼です。倉敷で買って来ました。

今日は出かける予定があったのですが
昨日から体調を崩して大人しくマロンと寝ています。
でもお陰でハンコも出て来たし・・・病気も良しとしましょうか?
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-26 12:46 | 作品(陶芸)

里の風景

f0000925_117251.jpg
帰省すると毎回蓮と散歩する道。今回は孫の一人舞台でした。
f0000925_1194889.jpg
丁度稲刈りシーズン。山と田んぼの境の柵は、猪や鹿が入らないため電流が!
(近所のオジサンです)
この遊び知ってる?

f0000925_1252540.jpgf0000925_1251296.jpg








小さい頃『傘』と言ってよく遊んだものでした。
f0000925_1261962.jpg
お墓参りの帰り。頭を垂れる稲穂かな・・・。
f0000925_127103.jpg
アラッ!?さぶ。ちゃん、里帰りは来月じゃなかったの?
f0000925_13303473.jpg

実家近くの川。川幅は狭く大きな石がゴロゴロ。
それが川下になると・・・
f0000925_1331379.jpg
何もない田舎の風景でした。

珍しいお花をご覧下さい。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-25 13:12 | 日々のくらし

里の花

ヒガンバナ
f0000925_22431081.jpg
毎年春と秋のお彼岸には必ず咲きますね。
数年前から白や黄色のヒガンバナも見かける様になりました。
今年はまだ見ていませんが、見かけたらUPしますね。

ミズヒキ
f0000925_0832.jpg
お祝いの時かける水引にちなんで命名したとか。
上から見ると赤、下から見ると白い花なのです。

トロロアオイ
f0000925_0114156.jpg
田舎に帰ると毎回カメラを持ってウロウロ・・・。
父が「これはどうだ!」と教えてくれたのがトロロアオイ。
手を掛けて咲かした花より自然の花が好きなんですけど~と胸の中でつぶやいてパチリ。

ゲンノショウコ
f0000925_0183042.jpg
その次に「これも可愛いだろう」と教えてくれたのがこの花。
父って娘に言わせると「オチャメ」なんですって!

シュウカイドウ
f0000925_024383.jpg
シュウカイドウって、小学校へ行っている頃からあった記憶が。

キンモクセイ
f0000925_03123100.jpg
やはり標高が高いからかしら?名古屋では10月に入らないと咲かないのに・・・。

ヒメジョオン
f0000925_033498.jpg


コスモス
f0000925_0351728.jpg
休耕田にコスモスが植えてあるのですが(種がこぼれた?)今年は早かったみたい。
f0000925_038419.jpg
ちなみにコレは2004年10月2日撮影。
f0000925_041324.jpg

[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-24 01:29 | 花・ガーデニング

妹の思い出

26年前になるでしょうか?おそらく『編みぐるみ』と言う言葉もなかった頃の作品です。
f0000925_8491093.jpg
私には11才離れた妹がいました。
名古屋の短大を選んだ妹は通学に便利なので2年間私達と一緒に暮らしました。
11才も離れているとお互い記憶にも残らない頃しか一緒に過ごしてないので
この2年間は私達にとって中身の濃い貴重な日々でした。
短大を卒業した妹は三重に帰り官公庁関係に勤めました。
時々「オネエチャ~ン」と遊びに来る妹。一人前の大人になっても私には可愛い妹。
その妹に(何を考えてたのでしょうね?)写真の人形を編んでプレゼントしたのです。

孫に何か(ヌイグルミ)作ってやろうかな?と考えている時
思い出したのがあの人形。久し振りの対面でしたが自分で見てもビックリ!

f0000925_951569.jpgf0000925_11204330.jpg








編み物が好きで物心ついた頃から独学で何か編んでいました。
この人形も、「こんなのあったら面白いかも?」と考え
製図を書いて割り出し計算をして・・・試行錯誤の末出来た作品。

f0000925_9152440.jpgf0000925_1145513.jpg









ボディも手足も全て編んで、毛糸以外は中のコットンだけです。
タートルネックまで編んで、おまけにセーターはアラン模様!
靴まで編んでありました。
感動通り越して笑えて来たのはスタジャン着ている!しかも胸にはエンブレムまで。

f0000925_11232840.jpg
                  26年も経つと頭に白いものが・・・。

10年前の雨の朝、交通事故で帰らぬ人となりました。
あの日名古屋は朝から快晴で、職場のラジオが「三重県地方は大雨警報・・・」
ボーっと聞きながら隣同士の県なのに・・・なんて考えていた頃だったのです。

この人形は4才下の妹が引き継いで大切に持っていてくれました。
妹の話では着替え用の白いカーディガンもあるんですって!
苦心して作った記憶はあるのですが、着替えまで作っていたとは・・・。
妹は身近に置いて妹を偲んでいるそうです。

もう一体作ろうかしら?そんな気持ちになった田舎での出来事でした。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-23 10:47 | 作品(編み物)

ただいま

f0000925_15411296.jpg
昨日から実家へ行っていました。

少し前に帰宅したのですが、5時になったら獣医さんへ
蓮を迎えに行って、それから散歩して、夕食の準備と
これから少し慌ただしいので今日は簡単に失礼します。

いつもは我が家の車で移動するのですが、
チャイルドシートを付け替えるのが面倒と、娘の車で行きました。
その為、蓮の乗るスペースが無くって、今回は獣医さんのお世話に。
迎えに行くと熱烈大歓迎!心して行かないと押し倒される程。
まあ、寂しい思いをしていたので仕方ないですけどね。

愉快な事があったのです。
昨日朝からゴーヤの佃煮を作って実家へ持っていきました。
するとね、ひと足遅れて妹も帰省したのですが・・・なんと!
妹もゴーヤの佃煮をお土産に作って持って来たんです。
皆で大爆笑!申し合わせた訳でもないのに、やはり姉妹なんですね。

申し訳ございませんが一段落ついてから、
少しづつお返事を書かさせていただきます。
今回も田舎の景色や花など撮ってきましたが、これも明日から
カテゴリー別にUPさせていただきますので
お楽しみにお待ち下さい。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-22 15:41 | 日々のくらし

ゴーヤの佃煮

先週、Sさんからゴーヤの佃煮を頂いて、これがご飯に(お酒にも)合う!
早速作り方を教えて頂いたのですが、ゴーヤが7~8本もいるとか。
ゴーヤの季節も終わりかけで店頭からボチボチ消えかかっているから、
1本200円前後と高い。これを7~8本ともなると・・・。で、
閃いたのが、ズッキーニに始まって夏野菜を買ったオジサン。
ありましたありました(微笑)畑にドッサリと。
f0000925_17223436.jpg
これは昨日オジサンから買ったのです。
教室でSさんと半分づつ分けたのでこれの倍あって300円。
メチャ安でしょ?教室へ行く前に寄って、遅刻しそうなので
私も一緒に採るの手伝いましたよ。20本くらいあったかしら。
f0000925_804296.jpg
                      早速木の葉の器に。

材料
ゴーヤ・・・・・・・・・・7~8本
ちりめんじゃこ・・・・1パック
砂糖・・・・・・・・・・・・100g (80g)
黄ザラメ・・・・・・・・・100g
酢・・・・・・・・・・・・・・100cc
醤油・・・・・・・・・・・・100cc
ゴマ・・・・・・・・・・・・・1袋
花かつお・・・・・・・・・1袋
作り方
①ゴーヤを洗って縦半分に切り、中わたを取り3~4mmに切る。
②熱湯の中へ30~40分浸け込み、あくを取る。
③よく水分を切っておく。
④鍋にゴマと花かつお以外を入れ弱火で水分がなくなるまで煮る。
⑤ゴマと花かつおを入れ、よく混ぜ合わせ火を止める。

*ゴーヤって、種を植えておけば簡単に作れるから、
「オジサン来年は種蒔いて育てるね」って言ったら
「種より苗買った方が確実だ!70円くらいで売っているから・・・」

フフフ・・・これで客が一人減ったね!!!
追記
妹は黄ザラメを入れず砂糖の分量を200グラムにして作っていました。
黄ザラメが無い場合、それでも良いと思います。
砂糖の分量の横の( )内は実際作った分量です。この分量では甘く
なると思い20g減らして作りました。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-21 10:00 | おうちごはん