或る犬の物語

                              ジム・ウィリス氏の短い物語。

ぇめさんのブログからコピペさせていただきました。
わんこと暮らす全ての方に、これから一緒に暮らそうと思っている方に。


私が仔犬だった時、
おどけた仕草であなたを楽しませて、
あなたを笑わせましたね。
あなたは私を「僕の子供」と呼びました。

また、多くの噛まれた靴や、
2・3の完全に壊されてしまったクッションにも関わらず、
私はあなたの最良の友になりました。

私が悪い子だった時は
いつも私に指を立てて尋ねました。
「どうしてそんな事するの?」
でもその後、あなたは優しくなり
私を転がしてお腹を擦ってくれましたね。

私の破壊するクセは、
あなたが想像するより長いこと直りませんでした。
なぜならあなたがすごく忙しかったから。
でも私達は協力して学びましたよね。


私は夜あなたの側に寝て、
あなたの確信と秘密の夢を
聞くことを覚えています。そのとき、
「私の人生は
これ以上完璧になり得ないほど幸せだ」
と信じました。


私たちは長い散歩に出掛けて
公園を走り、車に乗り、
アイスクリームは体に悪いと言って
コーンだけくれましたね。

また、私はあなたが帰宅するのをずっと待ち、
そして太陽の中で長い眠りにつきました。


徐々にあなたは、
キャリアと人間の仲間を探すために、
より多くの時間を費やす事が多くなりましたね。

私はあなたを根気よく待ち、
失恋や期待外れの時はあなたを慰めて、
あなたの帰宅を歓喜して跳ね回り喜びました。


あなたが恋に落ちた時。
彼女(今のあなたの妻)は
「イヌ好き」な人ではなかったけれど、
私たちの家に彼女を迎え入れて、
彼女に愛情を示そうとし、彼女に従いました。
あなたが幸福だったので、私は幸福でした。


その後、人間の赤ちゃんが生まれました。
私はあなたの興奮を共有しました。
私は赤ちゃんのピンク色にとても感激しました。
匂いをかぎ、ママの真似事を私もしたかった。
でもあなたと彼女は、
私が赤ちゃんを
傷つけるかもしれないと心配しました。

そして私は殆どの時間を
他の部屋のケージの中に
閉じこめられて過ごしました。

それでもなお、
私はどんなに赤ちゃんを
愛したいと思ったことか!!
まるで愛の奴隷でした。


赤ちゃんの成長とともに
私は彼らの友達になりました。
子供たちは私の毛皮を引っ張り、
私の不安定な背の上にのっかり、
私の目を突き、私の耳を調査し、
私の鼻の上にキスしてくれましたね。
私はそのすべてを愛していました。
そして子供たちが触る事も好きでした。
だってあなたは、
もうあまり触ってくれなかったから・・・

もし必要だとしたら私は命を捨ててで
も子供たちを防御していたでしょう。

私は彼らのベットにこっそり入り
秘密の夢を聞きました。
また、一緒にあなたの自動車の音を待ちました。
こんな時間を費やした事がありましたね。


他の人が、あなたに犬を飼ってるか尋ねると、
あなたは財布から私の写真を取り出し
彼らに私の話をしてくれましたね。
でもこの数年、あなたは「飼ってるよ」と
一言残して主題を変更するようになりましたね。
私は「あなたの犬」から、
「単なる犬」になりました。


今、あなたは別の都市に
新たなキャリアのチャンスを得て、
あなたと家族はペットの許可のない
マンションに移動するのですね。
あなたは「家族」のために適切な判断をしましたが、
私があなたのただ1人の家族だった時もありました。


保健所に着くまで、
私は自動車旅行に興奮しました。
でもそれは、
絶望した恐れた犬や猫の匂いとわかりました。



あなたは書類事務を済ませて担当に、
「あなたが彼女に良い家を探してやってよ」
と言いました。

あなたは私の首輪から、
息子の手を引き離さなければなりませんでした。
「やだよ父さん!僕の犬を渡さないで!」

わたしは子供たちの事を心配しました。
あなたは自分の息子達に、
友情と忠実・愛情と責任・生命に対する尊厳に関して
「こんなものだ」と教えたのです。

あなたは私にさよならと頭をさすって、
私の首輪を取り去りました。
あなたは守らなければならない期限がありましたが、
今度は私が期限を待つ番になりました。


あなたが去った後、担当の彼女は
「数ヶ月前からこうしなければ
ならない事をわかっていたのに
里親も探さなかったのね」 と言いました。
そして彼女は首を振り言いました。
「どうしてこんな事を・・・」
彼女達は、スケジュールが許す限り
親切にしてくれました。
もちろんご飯もくれますが、
私はもうずっと前に食欲を無くしていました。

最初の頃は、誰かが入ってくる度に
もしかしたらあなたが気持ちを変えて
迎えに来てくれたのかと、正面に急ぎました。
でも、私に気を止めず、
子犬たちと戯れたりする人達に
かなうかなうわけがないと悟った時、
遠い角の隅に退き、待ちました。


私のところに来る、彼女の足音を聞きました。
そして先の部屋へ彼女の後について通路を歩きました。

このうえなく、幸福な静かな部屋。
彼女はテーブルに私をおき、耳を触りました。
そして心配しないように言いました。
私の心臓は、来るべき事を予期して連打しました。
でも、楽になっていく気持ちもありました。
もう愛の囚人としての日々は
とっくに使い果たしていました。

それが私の生まれつきの性格であるように、
私は彼女についても関心を持っていました。
彼女の全ての表情から、雰囲気を読み取れました。
涙が彼女の頬を流れ落ちると共に、
私の前足の周りで優しく止血器を置きました。

私はかつて、何年も前にあなたを慰めたのと
同じ方法で彼女の手を舐めました。
彼女は私の静脈に注射針を滑り込ませました。

私は彼女の優しい目を見ながら、
体に冷たい液体を感じながら眠りにつきます。
「どうしてこんなことを?」
きっと彼女は私の言葉を理解して
「ごめんなさいね」と言いました。
彼女は私を抱きしめて
「よりよい場所へ、無視や虐待のない場所へ、
愛と光へ満ちた場所へ行くのよ」
と急いで説明しました。

私は最後に残った力でシッポを振り、
「どうしてこんなことを?」の言葉は
彼女に向けたものではない、
と伝えたかったのですが伝えられませんでした。
それはあなたに向けたものでした。
わたしの最愛の主人を思い浮かべていました。


それでも私はあなたを想い、
あなたを永久に待つでしょう。
誰があなたの人生で、あなたにこれほど
多くの愛と忠誠を示すのでしょう...


それでも私はあなたを想い、
あなたを永久に待つでしょう



ブログ巡りをしている内、ぇめさんの所に辿りつきました。
この物語を読んでいるうちに、
これは私一人が読んでいてはイケナイ!と
早速ぇめさんにお断りをして載せました。
一人でも多くの人の心に届きますように。

尚この物語は本になっています。
より詳しく知りたい方はこちらまで。→
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-30 08:14 |
<< さぶっ! 土鍋 >>