刻印

陶芸で作品が出来ると裏に目印になる印や文字を書きます。
作品を間違えない為に、と重さで焼成代を決めるのに
先生が裏を見て誰の作品か分かる為でもあるのですが、
中には名が出て来る場合・・・は絶対ないでしょうね。
f0000925_12312820.jpg
昨年娘が出産し、暫く母子を預かる事になったので、
一部屋リフォームしました。
築20数年の部屋は全く違った部屋に変身したのですがこの騒動で
自分で彫った陶芸用のハンコが紛失してしまったのです。
仕方がないから・・・と教室に用意してあるハンコを使っていたのですが
f0000925_1239062.jpg
やはりね、自分のを使いたいし、このハンコ可愛いから人気あるんです。
ところがです。
f0000925_12421674.jpg
出て来たのです。それも思いがけない所からヒョンと!
f0000925_12445296.jpg
真ん中の印鑑が手作りのハンコです。
通販で『篆刻セット』なるものを買って彫刻刃で彫ったのですよ。
アッ!頭の部分は最初からありました。
上の黒っぽいのは、私の名前のハンコって滅多に無いから
見つけた時は嬉しくって、思わず買っちゃいました。
下の細いのは備前焼です。倉敷で買って来ました。

今日は出かける予定があったのですが
昨日から体調を崩して大人しくマロンと寝ています。
でもお陰でハンコも出て来たし・・・病気も良しとしましょうか?
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-09-26 12:46 | 作品(陶芸)
<< 陶芸教室(21) 里の風景 >>