折り鶴

二連鶴(基本の折り方です)

f0000925_1317407.jpgf0000925_13222251.jpg







f0000925_13233461.jpg長方形の紙(正方形2枚分)の上部5ミリほど残して切ります。
ピンクの線を谷折りに。
片方づつ鶴を折っていきますが、必ず両方共
谷折りをしておい下さい。
片方が出来上がると、
どっちに折るのだったか忘れている事が多いので(私だけ?)

三連鶴

f0000925_13261650.jpgf0000925_1336433.jpg







画像では分かり難いのですが、紙の上下5ミリ残し中(黒い線)を切って下さい。
2連と同じ様に折っていきますが、中央の鶴が折り辛いです。
両脇の紙が邪魔に感じますが、一切気にせず折って下さい。

四連鶴

f0000925_1341348.jpgf0000925_1342664.jpg







f0000925_13471969.jpgこれも三連と同じ様に端5ミリ残し中央を切ります。
折っている途中切れる事もありますが気にせず!
←実は私も切れてしまったのです。
↑↓茶色の線を谷折り。




切り込み方を変えると           昨夜作った「ニワトリ?」です。
f0000925_1350173.jpgf0000925_13504294.jpg










変わり鶴ふたつ

f0000925_13552983.jpgf0000925_135634.jpg







親鳥にエサを食べさせてもらっている子鶴。
鶴の大きさを一緒にすれば昨日の恋人たちになりますね。

f0000925_13592362.jpgf0000925_14031.jpg







これはお父さんに「高い高い」してもらっているのでしょうか?
小さい方の紙を谷折りして正方形にしてから鶴を折ります。
紙が二重になるので少し折り辛いですが、大きい方から折ると良いと思います。

追記(来客があり中断しました)
むかし釧路湿原で千羽の折鶴を見た時「私も作ってみたい!」と思いました。
それから10何年か経ち新聞で「連鶴」の記事を見た時は嬉しくって、早速
広告で練習したものでした。
最高は9羽ですが多くなるほど隅が折り辛いですね。
コツは左手で押さえながら爪楊枝を折り目に当てスーッと引いていけばキレイにできます。

f0000925_15542546.jpgf0000925_15544538.jpg
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2006-06-03 13:18 | 作品(工作・その他)
<< 嫁と姑 くせ >>