牛肉の時雨煮

今朝の朝日新聞に載っていた『牛肉の時雨煮』。
冷蔵庫を開けると常備菜があるって嬉しいですね。
冷凍庫に牛肉が残っていたし・・・と早速つくりました。


牛肉の時雨煮

f0000925_19102861.jpg


サブタイトルに「甘辛さ夏の食欲そそる」とありましたが、
まさにその通り、最近ご飯を残す事が多かったのですが、
今夜は残さず食べました。

レシピはいつもの様にMoreに記してありますが、
煮汁がひたひたに残る程度まで煮詰めるのですが、
うっかりタイマーの鳴ったのが気付かず、しっかり
煮詰めてしまいました(苦笑)。


他に、イサキのレモン塩焼きと小松菜の胡麻和えと漬け物です。

f0000925_19164338.jpg





牛肉の時雨煮
                                       料理・戸村仁男先生


材料   10人前
牛薄切り肉(切り落とし)・・・・・・・・・・・・500㌘
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500cc
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300cc
たまりしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・130㌘
水あめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
ショウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ片
サンショウの実の塩煮・・・・・・・・・・・・・・適宜

作り方
①ショウガはせん切りして水にさらしておく。
②鍋に水と酒を入れて火にかける。沸騰したら中火に調整し、
 砂糖と水あめを入れて溶かす。≪水あめは仕上がりにつやを
 出す役割≫
。たまりしょうゆを加える。
③牛肉を入れ、はしでほぐすように混ぜて火を通す。肉全体の
 色が変わったら一度ざるに引き上げる。
④煮汁を沸騰させ、でてきたあくをすくう。水分を減らすためにも
 2分ほど煮詰める。鍋肌が焦げ付いてきたら、ぬれぶきんで
 ふきとる。≪やけどしないよう、一度火をとめて作業するとよい≫
⑤肉を鍋に戻し、水を切ったショウガを加える。ふつふつ湧いた
 火加減を保って時々混ぜながら20分ほど煮る。ふたはしない。
 煮汁がひたひたに残るくらいに加減する。
⑥サンショウの実を加え、そのまま冷ます。味がしみるのは翌日。
 小分けして冷凍してもよい。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2014-08-02 19:35 | おうちごはん
<< アボカドとマグロのちらし寿司 頭隠して・・・ >>