夏野菜の揚げ浸し

待望の雨、やっと降りました。
でも、呑気な事を言っていたら、
待望の雨もゲリラ豪雨になったり、
各地で被害をもたらしますから、
迂闊な事は言えませんね。


叉焼の美味しい煮汁を利用して、夏野菜の揚げ浸しを作りました。

f0000925_20131796.jpg


レシピはMoreにコピペしておきました。
レシピの濃い口しょうゆ、薄口しょうゆ各大さじ3は、叉焼の煮汁を使いました。


ご飯のお供に、エノキでナメタケを。

f0000925_20133530.jpg


おまけ
17日の昼ごはん

f0000925_2014038.jpg


叉焼を刻んでチャーハンにしました。





夏野菜の揚げ浸し                       料理・斉藤辰夫先生


【材料】(4人前) カボチャ8分の1個(150グラム)、ナス3本(260グラム)、
 オクラ1パック(10本)、サヤインゲン10本(120グラム)、ミョウガ3個、
 赤唐辛子1本、サラダ油、
漬け汁(水300cc、濃い口しょうゆ、薄口しょうゆ各大さじ3、みりん50cc、
 砂糖大さじ2、削り節15グラム)

(1)カボチャはところどころ皮を削り取り、幅5ミリに切る。ナスはガクと花つきを取り、
 縦に四つ割りにする。 
 オクラはガクをくるりと包丁でむいて十文字に浅く切り込みを入れる。
 サヤインゲンはスジを取る。ミョウガは縦半分に切る。

(2)フライパンに深さ1センチほどのサラダ油を入れて165度に温め、
 野菜を順に揚げる。まずサヤインゲンとオクラ(30秒~1分)を揚げ、ミョウガ(30秒)、
 カボチャ(30秒~1分)、最後にナス(2~3分)を揚げる。油をよく切り、バットに並べ、
 種をとった赤唐辛子をのせる。

(3)鍋に漬け汁の水と調味料を合わせて火にかけ、沸いてきたら削り節を加えて1~2分
 静かに煮て紙タオルでこす。熱いうちに野菜に回しかける。常温まで冷まし、冷蔵庫で
 2時間ほど冷やす。

(4)器に盛り付け、漬け汁をはる。食卓で好みで米酢か黒酢などをかける。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2014-06-18 20:40 | おうちごはん
<< 終了しました 叉焼 >>