かつおのとも揚げ(Ⅲ)

昨日の晩ごはんです。
久し振りにカツオのフライが食べたくなって、
生のカツオを買ってきました。


確か海苔を巻いてからパン粉だったかな?
と、過去ログを調べていたら、
あらあら鰹の共揚げもおいしそう❤
と言う訳で、フライが共揚げになってしまいました。

f0000925_8533161.jpg



ところで今日、「じぇじぇじぇ!!!」な事がありました。
息子夫婦がカツオを持ってやって来たんです。

f0000925_17221848.jpg


過去ログを探していたら、昨年もカツオを持って来ていました。
この時期って、息子達からの差し入れも頭に入れておかなきゃね(笑)。
今夜はこれをたたきにします。

タイトルが(Ⅲ)となっているのは、3度目だからです。
 、

レシピはMoreをご覧下さい。



かつおのとも揚げ   (料理・斉藤辰夫先生)

材料 (2人前)
カツオ・・・・・・・・・・・200g
シシトウ・・・・・・・・・8本
大根・・・・・・・・・・・・5分の1本
ショウガ・・・・・・・・・30g
揚げ油・・・・・・・・・・適量

Aかけだし=つくりやすい分量
(だし汁2カップ、みりん、しょうゆ各4分の1カップ)
B衣  (卵1個、小麦粉、花かつお各適量)

作り方
①カツオは、表面の水分をペーパータオルでふく。
 厚さ3cmに切ってから三角のぶつ切りにす

②シシトウは包丁で切り込みを入れる。
 大根、ショウガはすりおろす。

③Aの材料を鍋に合わせ、火にかけて軽く沸騰させる。

④カツオの前面に小麦粉をまぶしつけ、溶き卵をつける。
 バットに広げた花カツオをふんわりとまぶし、軽く手で握る。

⑤鍋に油を170℃に温め、半量をそっと入れる。
 そのまま動かさず、20秒したら、箸で花カツオを巻き付けるように返す。
 20~30秒でもう一度返し、さらに20秒ほど揚げて皮がパリッと
 なったら引き揚げる。
 添えるシシトウをサッと色よく揚げる。

⑥少し深さのある器に盛り付け、かけだしをかける。
 大根おろし、おろしショウガを添える。

*かけだしが残ったら、めんつゆにしたり揚げた豆腐や野菜に
 かけても良いそうです。
 冷蔵庫で4,5日保存できるそうです。

                    2011年6月12日付け朝日新聞より。
[PR]
by hinamatsuri2005 | 2013-06-01 17:50 | おうちごはん
<< カツオのオイル煮 ニンジンサラダのせ 山アジサイ【美方八重 2013】 >>